レーシック体験記

レーシックで失敗しないためのポイントを解説。体験記や基礎知識などと共に、レーシック手術を行うのにおすすめのクリニックを紹介。
レーシック体験記について

 最近注目の視力矯正手術のレーシック。レーザーを用いた手術をすることで、裸眼での視力を回復することができます。「手術」と聞くと大がかりな感じもするかもしれませんが、ほとんどの専門病院で日帰り手術が可能なんですよ。しかし、手術であることに代わりはないので、事前の情報収集は、しっかりとしておくとよいでしょう。レーシック体験記を中心に、レーシックにかかる費用や、レーシックの手術の流れ、種類、眼の病気についてなど、本サイトでも取り扱っておりますので、是非活用してください。

レーシック体験記 新着情報

眼精疲労とは、眼のかすみや頭痛などの疲れ眼の状態が、休憩や睡眠を取っても回復しないで続く、または、回復してもまたすぐに症状が現れる場合を言います。眼精疲労の症状は、眼の疲れや充血、かすみ、痛み、視力の低下などの眼の症状の他に、肩こり、頭痛、胃痛、食欲不振などが起こることもあり、さらに、進行すると、イライラしたり、寝付けないなど、肉体面や精神面に悪影響が及ぶこともあります。

眼精疲労になると、眼の奥が痛い、眼を開けているのが辛い、瞼が痙攣するなどの諸症状が出始め、ひどくなると、頭痛や肩こり、さらに進行すると、イライラや不眠、全身倦怠感から軽度のうつの症状になることもあります。眼精疲労の原因としては、まず、コンタクトレンズやメガネの度数が合っていなかったり、近視や遠視、乱視の状態の場合、無理にピントを合わせようとし、眼に負担がかかります。

また、パソコンやテレビを長時間見続けたり、暗いところでテレビを見たり、電車やバスなどの振動がある場所で読書をしたり、コンタクトレンズを長時間着けている場合も、眼に負担がかかっています。その他にも、過労や睡眠不足、ストレスなどの精神的な要因が原因で眼精疲労を引き起こしている場合もあります。眼精疲労を完全に治す治療方法はありません。しかし、定期的に眼を休めるように心がけたり、部屋を乾燥させないようにしたり、眼の疲労を取るようなマッサージをしたり、人工涙液の点眼をすることで症状の軽減はできます。

ドライアイとは、涙の量が減少したり、涙の成分が変化し、眼が乾燥し、角膜や結膜に障害が起こる病気です。涙は主涙腺でつくられ、瞬きをする度に一定の涙が眼球に送られ、眼の表面の潤いを保ちます。涙の働きには、次のようなものがあります。

・眼の表面を乾燥から防ぐ
・角膜に酸素や栄養を送る
・菌の進入や感染の防止
・眼が鮮明に像を結べるように、角膜の表面を滑らかに保つ
・ゴミや埃などの異物を洗い流す

ドライアイの原因はさまざまで、パソコンや読書、細かい作業などで眼を酷使していると、瞬きの回数が減少し、眼が乾いてしまい、これは原因の1つです。

この他にも、
・夜更かし、高齢である…涙の質の低下、涙液量の減少
・乾燥した環境にいる…涙の蒸発
・眼が大きい…涙が蒸発しやすい
・コンタクトレンズの常用
などがあげられます。

ドライアイの症状は、眼が疲れやすい、重い、充血する、ゴロゴロする、乾くなど不快な症状で、日常生活に支障が出てきます。また、通常、眼の表面は瞬きなどで涙を運び、潤いを保っていますが、涙の量や瞬き回数が減少すると、角膜上にドライスポットという乾燥した部分が出てきます。涙の質が低下したり、涙が必要以上に蒸発してしまうと、瞬きをしてもドライスポットは残ったままとなり、「眼が乾く」という不快な状態になります。

ドライアイの治療は、症状や状態によって異なります。一般的に、軽度のドライアイの場合、成分が涙と似ている人工涙液の目薬を使い、少なくなった涙を補充するような治療になります。人工涙液の種類はたくさんあり、症状や状態によって、その人にあったものを処方していきます。また、重度のドライアイの場合、涙を眼の表面にとどめるために、涙の排水口を閉じることもあります。

緑内障とは、別名「あおそこひ」とも呼ばれ、眼圧が高くなる病気です。人間の眼の中には、房水という液体が循環しており、眼の中の器官に栄養供給する役目をしています。眼球は、正常な代謝を維持するために、眼圧を一定に保っています。一定量の房水を作り、一定量流し出すというバランスに障害が生じると、房水が眼球に溜まってしまい、眼圧が高くなります。眼圧が原因で神経や血流に影響をおよぼし、視神経が徐々に死んでしまいます。死んだ視神経は元に戻ることはなく、緑内障は進行すると最終的に失明します。緑内障は大きく分けて、慢性の開放隅角緑内障と急性の閉塞隅角緑内障があります。


●開放隅角緑内障
開放隅角緑内障は、自覚症状はほとんどありません。人は、両目で物を見ているので、片眼の視野がかけていても、気付かない場合が多く、自分でも気付かないうちに発病している場合があります。進行は少しずつ、何年もかけて進行していきます。症状は、眼が疲れやすい、眼が時々かすむ、視野が狭くなる、夜間など光のまわりに色の付いた輪が見えるなどで、これらの症状がある場合は、眼科の診察を受ける必要があります。

●閉塞隅角緑内障
閉塞隅角緑内障は、突然、視力が低下し眼が痛くなったり、充血、頭痛、気分が悪くなって嘔吐するなどの症状が発作的に起こります。軽い発作を繰り返すことがあり、また、大きな発作の場合、1~2日で失明してしまう場合もあります。大きな発作の時は、早く治療を受けないと、神経などに悪影響を与え、失明してしまうこともありますが、腹痛や吐き気、嘔吐の症状が出ている場合、内科の病気と間違われることがあり、注意が必要です。


緑内障の治療は、進行を止めるために、眼圧を正常値に下げる必要があります。そのために、点眼薬や内服薬、手術などの治療があります。点眼薬や内服薬には副作用があります。手術は、薬で眼圧を調整できない場合などに行い、房水の出口を新たに作ります。治療方法は、症状や種類によって使い分けされますので、医師の指示に従って治療を行う必要があります。